kazu22002の技術覚書

PHPerでありAWS好きの、うさぎ年のエンジニアの日々

田端信太郎さんの推奨の投資本を読んでいる

5冊紹介されていたので、読んでいるところです。

相場師一代 (小学館文庫)

相場師一代 (小学館文庫)

マーケットの魔術師 (ウィザードブックシリーズ)

マーケットの魔術師 (ウィザードブックシリーズ)

デイトレード

デイトレード

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦

まだ一冊しか読めていないですが、かなり為になりそうです。

ただ自分の頭が悪いことを結構痛感されることに、理解できる内容が少ないです。とりあえず流し読みでも一回全部読むようにしてみます。

一冊読めたので、感想を書いてみます。全部読んでからまた書きたいです。

相場師一代

投資本として、是川銀蔵さんの経験が書かれている本です。

投資本として読むよりは、人生における経験のすごさと没頭することによる成果を実感させられる本です。

ここまで浮き沈みのある人生を経験する人は、そこまでいないでしょうね。

考える能力はずば抜けてあった人だと思いますが、常に自分で考え情報を集め結論を出す。これが全てだと思いました。

人の人生は面白い。

おすすめです。

創作もいいですが、やっぱりこういう本が好きです。

他は知識があってこそためになる本だと思う

他の本も少しずつ読んでみたが、あまりにも理解できなくて困ってるところです。

やっぱり知識がないと読んでも為にならない本はありますね。

システム屋ですが、「リーダブルコード」を初めて読んだときにはあまり良本だと思わなかったのですが、いまではすぐに読むべき本とおもっています。

経験や知識から実感すること。

自分の頭で考え、理解しどう活用するか。

本を読むことで自分でできないことを知ることと、まだ成長できる余地があることを実感する日々です。

当分の間は本をひたすら読んでみようかとおもっています。

Kindleで15冊ぐらい一気に買ってしまったので、当分買った本の記事を書きたいです。