kazu22002の技術覚書

PHPerでありAWS好きの、うさぎ年のエンジニアの日々

イケダハヤトさんのおすすめ本を読んでいる

イケダハヤトさんがおすすめしていた本を読んでいます。(URL的に2016年かな)

www.ikedahayato.com

「人生を変えたいあなたが読むべき、この3冊の本。」とある通り、人生に悩んでいるなら読んだほうがいい本です。(ただ、まだ2冊しか読んでないです。)

悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1)

悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1)

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉

知らない世界が多いことを実感したので、感想を書いてみます。

悩みどころと逃げどころ

プロゲーマーの梅原大吾さんとブロガーのちきりんさんの対談の形式での本になっています。

この本での一番の収穫は、梅原大吾さんという人を知ることができたことですね。正直、いままで知らなかったのは後悔しましたね。

eスポーツが日本で流行りはじめましたが、ゲームの神がいることを初めて知りました。

本の内容もしっかりとした議論になっており、自分の考えを話す本になっており、違う議論のぶつかり合いは読んでいて考えることができるので好きな分野です。

知識のある人同士の会話は面白く、どちらも流されず自分の意見を言い合っていますね。

「成功しているから言えることか。」という話があり、「成功しているから言えるけど成功していなくても言っていると思う。」ということが個人的にはいいですね。

行動をしているから言えることだと思うし、自分がとことん好きなことをやる。ということを体現している人たちです。

毎日成長していることを実感すること。自分のやりたいことを突き詰めること。

これかな。自分が実践できることは。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない

為末大さんの本です。

スポーツ選手が引退してから生きていくのがとても難しいと思っていましたね。やっぱり難しいんでしょうね。

為末さんはスポーツ選手としての成功のために、自分が勝ちやすい分野への転向などの話はその通りだと思いますね。ただ人生の選択は難しい。

続けることが正解か、別の道を探すのが正解かを悩みますね。

ただ自分が勝てる分野、強い分野を持っていく必要を感じました。

それと失敗の体験をもっと自分の中で消化する必要性を感じましたね。自分の失敗をどこかに残しておこうかな。

行動と反省の繰り返しが必要か

やっぱりまずは行動する。

PDCAでなくDCAPぐらいがちょうどいい世の中なんだと思う。

どう生きていくかまたかなり悩む時期に入っており、本からなにかを得る為にもがいているところです。

とにかく自分にできること、自分がやりたいことを見直しています。

いまが楽しいと言える心持ちで生きていきたいです。。。