kazu22002の技術覚書

PHPer, Golang, AWS エンジニアの日々

「みんなでアジャイル」を読んだ

良い本ですね。タイトルの通りで、開発者以外の人に読んで欲しい本です。

みんなでアジャイル ―変化に対応できる顧客中心組織のつくりかた

みんなでアジャイル ―変化に対応できる顧客中心組織のつくりかた

  • 作者:Matt LeMay
  • 発売日: 2020/03/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

よくある問題点や行動の指針が具体的に書かれているため、行動に起こしやすい内容になっています。

組織全体で個々の役割がどういう行動すると良いか、具体的に書かれているため参考になる内容が書かれていると思います。

個人的に響く内容

  • 組織の重力
  • 顧客視点での速度
  • 報告と批判の文化から協調的な文化への移行

組織の重力って言葉、すごくわかります。

変化を受け入れる組織を作ることは難しいです。

アジャイルのことをあまり理解していないと実感

言葉自体は開発プロセスとして使ってきたが、元が行動指針として提起されているため自分が意識できていない内容が多かったですね。

振り返りや意識合わせはそれほどやってこなかったですね。

アジャイルって言葉自体が開発の人しか反応しないことが多く、間違った認識をしている人が多い印象です。実際に総務の人が「総務でアジャイルを実践」という言葉を聞き、「とてもシステム化されている会社ですね」という発言を聞いた時に、愕然としたことを思い出しました。開発フローとしか認識していないんでしょう。

いろんな知り合いに広めたい本です。

fukabori.fmでも詳しく語られているためぜひ聞いてみて欲しいです。

fukabori.fm