kazu22002の技術覚書

PHPerでありAWS好きの、うさぎ年のエンジニアの日々

スロットはギャンブルか!?

世の中にパチンコ・スロット店はどこにでもあります。

しかも知っている人は結構人がいることを知っている。

朝から数百人並ぶなんて普通なんですよ。

というスロッター話から、すこし冷静に考えて見た。

自分はこのままスロットをしていていいんだろうか。と冷静に考え、いろいろと整理してみました。

スロットはギャンブルか?

ギャンブルをどう定義しますか?

個人的には、生きるか死ぬかの賭け事がギャンブルだと思っています。人生をかけた勝負で勝てば、当分遊べるお金を手にできるのがギャンブルだと思います。

スロットは1日で勝つときは10万勝てる時もありますが、10万負けることもあります。

ただ日常的には1〜2万を負け続け、たまに1万ぐらい勝つ。という感じです。(個人的な打ち方では)

そう。お金に対する体感によって変わると思います。

学生時代はギャンブルだった

学生時代には、毎月6万円の収入から家賃と食費を出す生活をしていました。

いま思ってもよく生きてたなぁ。家賃3万ぐらいだったかな。(北海道です)

そんな中での1万〜2万円がなくなるかもしれない可能性です。本当に生活できなくなるって!!

あほだ。自分。バカだ。自分。

本当に生活がかかっていたので、必死に勉強しある程度生きていけるだけの勝ちを保っていたと思う。負けたときは心底、危機感を感じ、機種の勉強をしたことを覚えている。

ちゃんと学生として勉強しろよ。もっと働いておけばよかったかなぁー。

現在は社会人

自分は今、社会人で一応毎月給料をいただいています。その中で1万〜2万円になると趣味に使う感覚に近くなってしまいました。ゲームに課金することに近いです。

常に新しい機種が出て、常に新しい演出にあえ、毎回展開が違う遊びです。

勉強する価値も感じず、時間つぶし程度に遊ぶことが増えましたね。

うん。どうみても期待しているギャンブルではないです。

というわけで、もう朝から並ぶようなことはもうしないようにしないとね。という自分への戒めの記事です。

たまに遊び程度で。

高い遊び。という感覚ではたまにいくと思います。たまにいく分には楽しいかもしれない。

ギャンブルか!?

もうギャンブル感がないです。

パチンコやスロットはよく言われているけど、庶民のギャンブルみたいですね。お金を持っている人はお金目的で行かない。らしい。

1万や2万程度だったら、きっと事業ですぐに稼ぐ感覚がある人からすると、なぜこんなに世の中に店舗があるのかわからないでしょうね。

まぁ、かなり冷静にみれるようになったのかと。

ただ若干の中毒症状は否めないため、徐々に辞めていくよう自分と向き合って見ます。

ただスロットのいいところもあるので、記事をいくつか書いて見たいと思います。

※決して大負けしたからこの記事を書いているわけではないです。 大負けたしたときは毎回、「もうやめるー」っていって、凹んで寝て、けろっと忘れて次の日にはいく。という無限ループが関数として宣言されているぐらいお決まりのパターンではある。 だが、ついにtry-cache文の例外処理にはいったのだー。