kazu22002の技術覚書

技術屋として日々の内容を記録しているサイト。PHPやAWSをやっています。

TestFlightでメールから認証ができない場合

結論からいうと、iOS標準のメーラーから開いて下さい!!以上。

横暴!!なので、それなりな経緯はちょっと書いていきます。

iOSのβ版のテストの際に、TestFlightが標準で使用できるようになりましたね。

AppleがTestFlightを買収して、標準で使用できるようになったため、使用してみました。

アプリ側の登録

登録に関しては、ここを参考にやってみました。

新しいTestFlightを使ってみました

導入はほぼできました。

ただMarketingURLって必要なの!?これはオプションじゃないの??

すこし困ったかな。とりあえず近い意味のサイトのURLを入れておいた。

ユーザー側の登録

内部テスターを使用してやってみました。

TestFlightアプリを入れる必要がありますが、テスター登録後に送られるメールからダウンロードリンクなどありますので、流れで使用できましたね。

ここを参考にしてみました。

TestFlightの使い方(ユーザ向け) - star__hoshi's diary

導入の時にはまってしまったんですが、メールからの「Open to TestFlight」を押して認証しても一切TestFlight側のアプリにテストアプリが表示されないことがありました。

「Welcome To TestFlight」の画面から一切かわらないのです。

原因としては、gmailのアプリからメールを見てTestFlightのボタンを押していたため、認証が正しく動いていなかったみたいです。

Safari起動が重要

認証自体をSafariから行わないと、しっかりと認証動作までいかないらしいです。
このあたりは初めて出会ったので、本当に理解できなかった。

Appleはこういうのがあるんですね。

標準のメールアプリからメールを開いてTestFlightのリンクを押したら、TestFlightアプリ側に表示されるようになりました。

ここだけ注意するれば、テスト導入が完了ですね。

これでアプリのテストが完璧にできますね。これであのアプリが公開されたあとのドキドキがなくなりますね。

手軽になるのはありがたいですね。

ちなみに外部テスターでテストする場合はappleのレビューが必要だったりします。どれくらいの感覚で見てるのか、気になりますが、審査が通過するまで1日ちょっとかかったかな。